Jun Yamamoto 音楽を語る

クラシックのおいしいところをつまみぐい http://jun.la.coocan.jp

島袋優「おもいでに捧ぐ」

この曲、歌詞(岩里祐穂)は「男の見果てぬ夢」みたいな感じですが、歌として大変よくできていると思います。下に一番の歌詞を示しますが、この「呼ぶけれど」のところが、「世界が開けるような感じ」がするのですが、これがIV度へのII-Vアプローチで、しかもII(Dm7)のところがII on V (Dm7on G) の形になっているのがミソですね。

キーはGですから、このサビの部分は

C G/B Am    Dm7/G   G7 で、すなわち

G: IV   I   IIm   Vm7/I  I7

となり、後半が次のCすなわちIVへのII-Vアプローチになっています。後半をIVであるCメジャーとして書けば、

G:  IV  I  IIm  C: IIm7/V   V7 

ということですね。

 

G C Bm B7     Em7 A7 Am7  D7

思い出して          くれますか

G   C   Bm B7      Em7 A7  Am/D  G 

愛するため          めぐり逢った 遠い日を

G   C   Bm B7      Em7 A7  Am7   D7

思い出して          くれますか

G  C  Bm B7        Em7 A7 Am/D   G   G7

そよぐ風と           輝いてた 青い海

C       Bm  Am       G

恋しくて 逢いたくて

C  G/B Am7        Dm7/G G7

君の名前を         呼ぶけれど

C    Bm      B7   Em

あふるるは 涙なら

C  G/B Am   D   G

君よ 幸せ    になれ