Jun Yamamoto 音楽を語る

クラシックのおいしいところをつまみぐい http://jun.la.coocan.jp

Schőnberg String Quartet No. 1 (2)

f:id:jun_yamamoto:20160526213453p:plain

前のエントリーの続きです。

始まって3分の1くらいのところで妙にロマンティックなパッセージがあるのですが、これも細かく見ていくとやっぱり一筋縄ではいきません。最初の部分の調性は間違いなくBb minorですが、だんだん後の方になるとあいまいになっていきます。しかし、この部分はバスがBbで動かないので、調性は揺るぎが比較的少ない。4分の6になってこんどは急にD Majorですが、これもEbの長3和音を伴い、ナポリっぽいですかね。

コードネームは一応振ってみましたが、無理があるので、上の段に和音の骨組みだけ示してみました。和音の当てはまらない部分はスケールを書いてみましたが、あまり意味ないですね。むしろここは小節の後半まるごとBbmへのドミナントなのかもしれません。音はこちら