Jun Yamamoto 音楽を語る

クラシックのおいしいところをつまみぐい https://jun-yamamoto.wixsite.com/jun-yamamoto

クラシックのおいしいところをつまみぐい 

Gounod "Faust" Overture

グノー 1818-1893(生年と没年)

ワーグナー 1813-1883

ヴェルディ 1813-1901

この三人、ほとんど同時代人なんですよね。ロラン=マニュエルの「音楽のたのしみIII」で指摘されていて、改めてずいぶん作風がちがうよな、と思った次第。関係ないけど、ヴェルディで検索するとサッカーチームが出てくるんだよな。別にいいんだけど。 

R-Mも言っているけど、グノーは「ご近所のとっても親切なおじさん」であります。時代性もあってそれなりの音はしてるんだけど、やっぱり「親切なおじさん」。お別れをしようとすると、周りのだれかれ全員に接吻をして回るのですごい時間がかかる。

さて歌劇「ファウスト」序曲であります。ドイツ人は絶対「ファウスト」って言わないらしいですな。「マルガレーテ」っていう。こだわるなぁ(笑)

序曲の最初のところをピアノ譜に落としてみました。

f:id:jun_yamamoto:20190413181912j:plain

それとなく劇的な始まりではあるんだけど、やっぱり「軽い」。①のところは音としてはF7だけど、D#は導音でしょうね。B7(b9)(b5)で、根音抜き。

短三度上で(Abで)もう一度同じことを繰り返す。②からも対位法的に見せかけているけれども、実は和声的で、あまり過激なことはない。③のところで最後のバスを8分音符でCに上げれば素直にC7-Dbという進行になるのだけれど、これをAbにおきっぱなしにしたのが工夫といえば工夫でしょうか。AbM9 aug5 omit 3 ??

f:id:jun_yamamoto:20190413182835j:plain

④から⑤にかけてが面白いところで、④はDbm7(b5)になってますが、トップがe f fis gと上って、⑤のところがC7になれば、トリスタン和音ですよね。ここでは④の最後の8分音符がきれいにDb7になって、平行5度をいとわずに三和音のCに抜けたため、まことに普通になっています。

⑥からも、バスからソプラノにかけての「入り」が、それぞれc f c f となっていてそれっぽいのですが、やっぱり対位法的というよりは和声的です。
⑦のところ、タイがかかっているから掛留かと思うとさにあらず。むしろアルトの倚音であるa の音がやや新鮮な響きです。ほとんどV7-IあるいはV7-VIという形の素直な反復進行でことは進み、⑧からはCのペダル上で型どおりの上行する反復進行になります。35小節めからは下行してきますが、ここも反復進行でさすがに一応掛留を持たせていますね。

f:id:jun_yamamoto:20190413183836j:plain

ちょっとしゃれているなと思うのが⑨のところでC上のF Majorをおいたところ。そのあともう一度F minorになりますが、⑪でAの音がはっきりあらわれてF Majorになって主部に入ります。音階はハープがオクターブで演奏しています。

やっぱりグノーは「親切なおじさん」でした。

 

youtu.be

 

 

 

 

Martinů Symphony No. 1 Movt. 1

マルティヌーの最初の交響曲の出だしは不思議な音響である。スコアを見てみると一筋縄ではいかない書法が見られる。一瞬で過ぎる序奏であるし、ピアノの使い方は明らかに装飾的で(単なる半音階)、ひとつひとつの和音が厳密に聞かれることは意図していないと思われるが、いろいろと芸は細かい。

最初の4小節のスケッチを示す。(文脈上、原典のbをaisに、asをgisに、 f をeisにしたところがある)大雑把には最初の2小節がBmで続いて2小節がB Major、5小節目にEb on Aになるという仕組みだが、minorからmajorに推移するところの処理が独特である。

5小節目に出てくるホルンのe は間違いかとも思ったが、わざわざナチュラルをつけてあるし、こういう音なのだろうな。他が全部esなのでほとんど聞き取れないが…

f:id:jun_yamamoto:20190409141323p:plain

 

youtu.be

"avantgarde" chords and Jazz idiom

沼野雄司「リゲティ、ベリオ、ブーレーズ」からの孫引きによるリゲティの言葉。

「…できるかぎり私は、三全音と完全4度の組み合わせ、あるいは三全音と完全5度の組み合わせからなる、ウェーベルン的な長7度や、短9度を避けています。私にとっては、これらはシェーンベルクのスタイルを暗に意味しており、使い古されて、消耗してしまったものなのです。」(リゲティ1983)

I don't think so.

下に掲げた譜例(ブーレーズの作品に見られる長7度、短9度を含む和音群。同じく上記沼野から)には、リゲティのいうような和音が出てくる。(赤枠で囲んだもの。ほとんど該当する)

響きは硬く、70年代の「前衛」風であるが、割と好き。

面白いのは、この響き、特に星印をつけたもの(下から三全音、完全4度の積み重ね)はモダンジャズでも頻用されるということである。

ビル・エヴァンスをはじめとするモダン・ジャズのピアニストたちが完成させた左手の和音にこの形が頻出する。

ご案内のようにモダン・ジャズのフォーマットでは、ピアノ・トリオといえば、ピアノ・ベース・ドラムスであり、基本的に和音の最低音はベースに支えられているため、ピアノはバスを弾く必要がない。そのため、たとえばG7の時にピアノの左手はf h e あるいはf a h e というコードを弾く。これはそれぞれ、G7の 7度、3度、13度(7度、9度、3度、13度)に当たる音である。

だからどうした、と言われると困るんですけどね。 

f:id:jun_yamamoto:20190329180607p:plain

 

Theremin/Cello Duo Improvisation Project No.1

ほぼ半日をかけてテルミンとチェロのデュオによる完全インプロヴィゼーションセッションを敢行しました。テルミンの演奏は三毛子、チェロはKei Yamamotoによります。譜面なし、事前の打ち合わせなし、完全なぶっつけ本番の即興演奏となりました。

ほぼ1時間程度の演奏を録音しましたが、ここではそのごく一部を公開します。別々に録音されたテルミンとチェロを、テルミンは通常のイコライジングとプレートリバーブはかけてありますが、チェロは生音のままステレオに定位させて、やや深めのリバーブをかけてあります。加工はそれだけなので、「足しても引いてもいない」デュオの生の音が展開します。未発表部分についても今後、多少の加工を伴いながら発表予定です。
テルミンもチェロも無段階グリッサンド可能な楽器ですが、一方のテルミンは比較的「まるい」音であるのに対し、チェロはご案内のとおり「擦弦楽器」ですから、「引っかかりのある音」「アタックの厳しい音」を出すことができます。このため、ある種の対比がはっきりして、デュオとしては面白いバランスになったと思います。さらに和音の出せる楽器を加えるといったことも当然考えられるとは思いますが。

The music had been improvised on March 9, 2019 in Tokyo, Japan, by Duo, Miquette (Theremin) and Kei Yamamoto (Violoncello). This is an excerpt of the improvisation session.

The session took a half day. The performance was pure improvisation. No sheet music, no pre-performance chat, no nothing. The session produced about one hour of music. This clip is only a very small part of it.

Theremin and violoncello are separately recorded. Here, the theremin is through a plate reverb and mild equalizing, as usual. Both parts are positioned in a stereo space. Theremin is put left and cello right. Entire mix is through a little deep reverb. So that, this music is roughly reflecting the improvisation session as it was. Nothing added, nothing subtracted.

Both theremin and cello can produce continuous glissando. Theremin sounds are somewhat soft and "round" though cello is a string instrument which can make strong accent and sound including high overtones. Thus, they have common characteristic and opposite ones at the same time. We believe this makes these two instruments are ideal for duo session.

The rest of recordings will be launched later maybe with some other sounds and post production.

t.co

 

クラシックの文脈における裏コード(sub-chords)

ポピュラー音楽でいう「裏コード」sub-chord というのはトライトーン(増4度=減5度)離れたドミナント7thコードのことであり、II-V進行において、Vを裏コードで置き換えることができる。たとえば、

Em7 A7 Dm7  G7 C というコード進行の場合、A7とG7を裏コードに入れ替えれば、

Em7 Eb7 Dm7 Db7 C となり、バスは半音ずつ下がってくるラインを形成する。

 

クラシックでも「裏コード」sub-chordは多用されるが、そのよって来る所以はサブドミナントにドッペルドミナント属調の属7和音)をもってきてかつ第二転回形を使い、バスに5度音をもってきて、さらにそれを半音下げた、というあたりから来ているのではないか。(下の譜面の音はこちら

 

f:id:jun_yamamoto:20190224190938j:plain

④はドッペルドミナントの第二転回形。⑤ではさらに5度音(バス)を半音下げている。表記上D7(b5)/Abだが、これはAb7(b5)と構成音が同一である。⑤と⑥はコードネームが違うだけで同じもの。

 

f:id:jun_yamamoto:20190224190914j:plain

 さらに⑦は、5度音を半音上げて普通の属七にしたもので、これも使えるだろう。

⑧はドッペルドミナントをにb9度を加えて根音を省略した形で、減七和音になる。

⑨では同じ和音をF上の属九和音と解釈して、Bbの三和音に解決した形。(ついでにEbまで行ってしまった)これは減七による短三度ずらしであり「裏コード」とは関係ない…がジャズでも使う。

⑩は同じ場所に先ほどと同様Ab7 「裏コード」を配して同じ進行をさせたものである。ここではBbmに行っている。これをVIと解釈してDbに終結する。

 

 

4-voice Canon at 6th descending 6度の4声カノン

同度およびオクターブを使った4声のカノンはまがりなりできた。まがりなりだけど。では、他の音程の4声カノンもできるのではないか。

他の音程の2声カノンあるいはそれに自由声部を加えたものは大バッハがたくさん書いているが、4声はあるのかな。知らないだけ?

やってみました。

6度ずつ下がって入りが4回ある4声カノンです。まがりなりだけど(笑)。

 

f:id:jun_yamamoto:20190218162955j:plain

4-voice Canon descending 6th

入りは4小節ごとで、c mollからスタートして、Es dur  g moll B dur d moll F dur As dur を経てc moll の入りが一回あります。終われないので最後にc mollのコーダをつけて実施したものが下。音はこちら

f:id:jun_yamamoto:20190218163246j:plain

f:id:jun_yamamoto:20190218163304j:plain

f:id:jun_yamamoto:20190218163320j:plain

 

 

 

 

Canon a 4 四声のカノン

J.S.Bachは音楽の捧げ物のなかでいろいろなカノンを書いているが、中に4声のカノンがある。調べてみるとかなりのムリゲーで、さすがのバッハも結構苦労していて、四六の和音が出てくるのはいいことにしたらしい。

つい、気の迷いで4声のカノン、上等じゃないの、という気になって書き始めてしまった。書いているうちに多少コツはわかってきたが、もちろん大バッハのようには行きません。でも面白い。一種のゲームですな。先に言っておくと四六の和音はたくさん出てきます。バッハはそれも準備して置いているのでさすがですが、私はそこまで行き届いたことはできませんでした。

カノンの本体はこれ。

f:id:jun_yamamoto:20190201140003p:plain

大バッハのはソプラノ3声とバスの4声なのだが、ここでは弦楽四重奏を想定して、高い声部2つ、一オクターブ下がひとつ、さらに一オクターブ下をバスとした4声とした。最初に妙な音部記号があるのはそういう意味である。バッハも追いかける声部の入る場所の指定はしていないので、ここでも指定しなかった。7小節目から次の声部が入ればうまくいくようになっている。

実施したものを次にあげる。

f:id:jun_yamamoto:20190201140315p:plain

f:id:jun_yamamoto:20190201140335p:plain

f:id:jun_yamamoto:20190201140356p:plain

バッハは繰り返し記号をつけているので、私もつけてみたが、バッハの場合は繰り返される度に感動をあらたにするのだが、私のはただ無駄に長くなるだけだったorz

一応2回繰り返して、それだけだと終われないので、コーダをつけてみた。

反省点としては、おそらく八分音符が多すぎるのだろう。もっと長く伸ばすところとか、16分音符で走り回るところとかを満遍なく配置しないといけない。

フィナーレとGarritan Personal Orchestraの弦楽合奏による試奏はYouTubeにあげてある(下のリンク)。いやー、カノンって本当にいいもんですね。