Jun Yamamoto 音楽を語る

クラシックのおいしいところをつまみぐい http://jun.la.coocan.jp

Bach Well-Tempered Klavier I No.4 C# minor Fuga (2)

 

f:id:jun_yamamoto:20160423202515j:plain

ソプラノの主唱が終わり、4小節目の後半から答唱がテナーに出てきます。最初の小節、メゾソプラノC#は掛留ですが、一拍目おもてで本来のBだったとしたらここは四六の和音になってしまいます。C#が掛留している間に一拍目の裏でアルトにアインザッツがありこれがAが出て来るんですけど、いいんでしょうか(笑)これはD#m7b5の和音とみなせるのでいいんでしょうね。二拍目はG#mで、D#m7b5の7度音であり掛留されていたC#はめでたくBに解決しています。

2小節目もいろいろありまして、最初のバスのAがよくわかりません。他の3声を見る限りどう考えてもC#7でF#mに解決するのだと思いますが、バスだけはずれています。これは倚音(a)でしょうが、バスのメロディー優先ということでしょうか。

2小節目の二拍目裏は形としてはB7でC#mに偽終止する形になっています。4小節目後半は答唱が始まり、G# minorに変わり5小節目のあたまでA#が出てきて風景が変わります。この部分のバスは先行した動機が現れています。6小節目の一拍目は一小節目一拍目と同じ形で、ソプラノのEのアインザッツの瞬間A#7b5の形になってD#7に繋がり次の小節でG#mに落ち着きますがすぐ一拍目の裏でテナーにAナチュラルが登場して転調を示唆します。