Jun Yamamoto 音楽を語る

クラシックのおいしいところをつまみぐい http://jun.la.coocan.jp

Sibelius Symphony No.3 Movt. 3

シベリウスの第3交響曲の第3楽章。練習番号8の手前のところ。ほぼ全員で8分音符3つのモチーフを繰り返しながら上がっていくところなのだが、ちょっと変わった響きを持っている。

f:id:jun_yamamoto:20170429131809p:plain

上の譜例(音はこちら)の10小節目だが、Gb になっている。ここの和音はCの保続音の上にBb Db Fb(E) が鳴っており、あとG が鳴ればめでたくG上の減七和音となり、おそらくは譜例の12小節目の明らかなAb Majorへのドミナント、すなわちEb7b9の根音抜きと考えられるのだが、シベリウスはGbに固執するのである。

 

となるとこれは、Ab Bb C Db Eb Fb Gb という音階になる。・・・あまりオーセンティックではない。シベリウスの発明なんでしょうね。

因みに、このGbをGに変えてやると下記のようになり、響きは伝統的になるが、これはシベリウスの避けたかったところなのでしょう。(音はこちら

 

f:id:jun_yamamoto:20170429132541p:plain