Jun Yamamoto 音楽を語る

クラシックのおいしいところをつまみぐい http://jun.la.coocan.jp

Hall & Oates "Kiss on my list"

気になるコード進行というものがある。どうなっているんだろう、と思いながら長年放置してあったりする。耳のいい人は楽譜に印刷されたように聞こえているんだろうが、こちらはなかなかそうはいかない。なんどもピアノで確かめて、ああそうだったのか、ということになる。

AORの名曲"Kiss on my List"もそのような曲の一つである。メジャーとマイナーが交錯して、微妙な陰影をかもし出している。曲はダリル・ホールだが、詞はJanna Allen、ダリルのガールフレンドの姉妹だそうだ。

リフレインは、「君のキスは、僕の最高のものリストに載っている」と繰り返すが、その前に、

 When they insist on knowing my bliss
I tell them this
When they want to know what the reason is
I only smile when I lie, then I tell them why

とあるのだが、これも嘘なのか?

楽譜は、コードの骨組みだけで、コーラスが加わってはるかに分厚い和音が鳴っている。シブいです。

f:id:jun_yamamoto:20161111003334p:plain

www.youtube.com