Jun Yamamoto 音楽を語る

クラシックのおいしいところをつまみぐい http://jun.la.coocan.jp

Toru Takemitsu Viola Concerto-A String Around Autumn

注文しておいた武満徹ヴィオラコンチェルト」の楽譜が届いた。
気になっていたところをチェックしたが、三善晃さんやうちの師匠のスコアなどとくらべるとはるかにわかりやすい。
(1)15分もかかる大曲なのに、アレグロがない(そういう概念がない)
(2)対位法的なパッセージがない。糸がもつれるようなのはあるが、対位法的とは言いがたい。一瞬で終わるし。
(3)オーケストレーションは職人技。
(4)和声の構成は、3度の積み重ねか、4(5)度の積み重ねか、せいぜい二つの三和音をアマルガムしたもので構成されており、解釈可能。
この辺が武満さんの特徴かな。聞いていてここちよいのはこの辺に理由があるように思います。逆にそれが限界にもなっている。

最初の方だけ少々メモしてみたのでご紹介します。

まず、出だしの部分。

f:id:jun_yamamoto:20160925222730p:plain

最初はホルン4本のソリである。

2小節目のバスに出てくるBナチュラルはやや特殊だけれど、後は上の段にしめしたように、ほぼ三度堆積和声の範囲内で解釈可能である。響きはもちろん美しい。これらのコードはジャズ畑の人にはまったく普通のものだし、ドビュッシーラヴェルにも出てくる。連続のさせ方が現代的ではあるが、響きそのものはむしろオーセンティックだ。

音はこちら

続いて、少し先、6小節目。

f:id:jun_yamamoto:20160925223212p:plain

ここは、弦が4度堆積の和音を鳴らしているが、上段に示したように、二つの三和音の組み合わせと解釈することもできる。6小節目の最後にでてくるFとAbは弦の和音に含まれている音ではあるが、#系からb系にかわることで新鮮に響く。7小節めの和音もF#m とG#mの組み合わせと解釈することもできる。いずれも6度の和音の形になっており、響きは安定している。音はこちら

続いて練習番号Iから4小節目。

f:id:jun_yamamoto:20160925223713p:plain

同様に和音は三度堆積であり、十二音音楽的な厳しい音程の積み重なりがなく、響きは駘蕩としている。音はこちら