読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jun Yamamoto 音楽を語る

クラシックのおいしいところをつまみぐい http://jun.la.coocan.jp

Beethoven Violin Sonata No.3 Movt. 3 ベートーベンはなぜここまで野暮ったいのか

ドボルザークも相当なものだが、ベートーベンの野暮ったさは筋金入りである。ヴァイオリンソナタ第3番の終楽章を取り上げてみたい。冒頭の主題も相当なものだが、この二番目に出てくるテーマも野暮ったさにかけては引けをとらない。

f:id:jun_yamamoto:20160806121351p:plain

音はこちら

なぜこれがそんなに野暮ったいのか。和音進行がいわゆる「ホテル・カリフォルニア進行」になっているが、それが主因ではないと思う。やっぱり(移動ドで)「ドミソソソー」とか「レファラー」とかいう、分散和音まるだしの旋律と同音の反復が原因ではないか。

手を入れてみる。

f:id:jun_yamamoto:20160806121634p:plain

音はこちら

こうするとかなり(私の感じる)野暮ったさはマシになる。しかし、すでにベートーベンではないのだよな。ははは。