読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jun Yamamoto 音楽を語る

クラシックのおいしいところをつまみぐい http://jun.la.coocan.jp

Bach Well-Tempered Klavier I No.4 C# minor Fuga

平均律第一集の嬰ハ短調の5声のフーガのお勉強です。Richterの模範演奏はこちら。3:13くらいからフーガです。

f:id:jun_yamamoto:20160414205522j:plain

テーマはまずバスに出てくる4つの音。C# B# E D であります。主調のC# minorです。すぐ続いて答唱が始まりますテナーで G# F## B A# これは属調のG# minorです。対唱としてはおそらくバスでEから始まるフレーズでしょう。r は掛留音です。5小節目の頭で、対唱は掛留するようになってます。7小節目の後半から一拍遅いですが、主唱の二回目がアルトで出てきます。(C# minor) 一拍遅らせたのはやっぱり響きが悪いからでしょうか。対唱(CS)はテナーにAから出ます。

f:id:jun_yamamoto:20160423202428j:plain

その後短い喜遊部(?)が続きます。対唱(CS)の後半にでてくる音形が5回出てきます。(青色で示したもの)和音進行は一筋縄ではいかなくて、一応C# minorですが、2小節目二拍目はF#が出てきてB minorっぽいし、4小節目から6小節目はF# minorですね。4小節目のアルトのC#はどう見ても倚音ですねぇ。掛留にしたかったけれど、先行する動機の形を優先したということでしょうか。

せめて最初のページくらいと思いましたが、おなかがすいてきたので、次にします。